TVで話題の食べ物

国産バナナ・岡山もんげーバナナの値段と通販でも買えるか調査!皮ごと食べられるって本当?

2018年4月22日放送の「がっちりマンデー」は、
「外国製だったものが意外に国産だった」ということをテーマにしてますが、

その中でめちゃ気になったのが・・・

国産バナナの存在!

 

昨日もスーパーでバナナを購入しましたが、

地元の直売所ですら売られているバナナは、
どれも・・・外国産。

 

ハッキリいって国産バナナって見たことないのですがw

 

それはどんなバナナでどこで買えるのか?

とても気になりませんか?

 

そこで今回は「がっちりマンデー」で取り上げられる、
岡山県で栽培されているという、

 

国産のバナナについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

国産のバナナの正体は岡山もんげ―バナナ!

日本で売られているバナナの99.9%は輸入品、
ということなんですが、

ほんのわずかながら日本で生産しているバナナが、

なんと!岡山県にあるとのこと。

 

そのバナナの名前は、

「岡山もんげーバナナ」と言うそうです。

 

・・・そう言えばちょっと前に放送された、
「マツコの知らない世界」で、
このバナナが紹介されましたが。


(「マツコの知らない世界」番組動画より)

この話題のバナナが今回、
「がっちりマンデー」でも紹介されるということで、

更に注目が集まりそうですね^^

 

岡山もんげ―バナナの特徴は?

さて国産・岡山もんげ―バナナ。

通常お店で売られている外国産のバナナと、
一体どこが違うのでしょうか?

岡山もんげ―バナナのことが詳しく書いてある、

【農業法人 株式会社 D&Tファーム】のホームページによると、

一番の大きな特徴はなんといっても、

「皮ごと食べられる」

という点ではないでしょうか?


(「マツコの知らない世界」番組動画より)

 

・・・バナナを皮ごと食べる??

何て発想、
今までありませんでしたがw

 

このバナナは普通のバナナと比べて、
皮が薄いそうなんですが、

皮をバナナと一緒に食べることで、
バナナの甘みが強いこともあって、
皮独特の渋みが感じられないらしいのです!


(「マツコの知らない世界」番組動画より)

 

そう言えば「皮ごと食べられる果物」というと、

最近では葡萄なんかも、
皮ごと美味しく食べられる葡萄の品種が多く出回っていますが、

果実の皮自体にもちゃんと栄養が含まれているんですよね。

 

そして岡山もんげ―バナナの完熟した皮には、
ビタミンB6などといった栄養素だけでなく、

前立腺肥大の抑制効果があるといった研究結果が発表されていると、

 

公式ホームページに記載してありましたよ♪

 

ということは。
男性は特に皮ごと食べたほうがいい!?

 

ですが。

普通のお店に売られている安い輸入バナナは、
皮も分厚いし渋みが強い上しかも農薬の危険もあるので、

食用には向かないらしいのです。

 

ですが岡山もんげ―バナナは、

安心安全の完全無農薬・有機栽培で、
もちろん遺伝子組み換え品種ではないので、

だからこそ安心して皮ごといただけるんですね^^

 

ちなみに岡山もんげ―バナナの糖度ですが、

これがとても高く、

普通のバナナは糖度が約18.3だそうですが、

岡山もんげ―バナナの糖度はなんと!
24.8ということなので、

相当に甘いバナナということが分かります。

 

ところで岡山もんげ―バナナは、
株式会社D&Tファームの取締役で技術責任者の、
田中節三さんが栽培したバナナなんですが、

もともと田中節三さんは、
農業とは関係ない企業の経営をされていたんだそうです。

 

そんな田中節三さんが趣味で始めた、
バナナの栽培。

しかも40年前から始めたそうで、

亜熱帯でしか育たないと言われているバナナの栽培には、
大変なご苦労があったそうですが、

「グロスミッチェル」という、
世界でも珍しい品種と言うバナナの苗をあえて凍らせ、
そしてなんと氷河期の状態にするという!?

「凍結解凍覚醒法」という栽培法に成功したことで、

亜熱帯の地域ではない、
冬は0度くらいになるという岡山県でも栽培することが出来るようになり、

このことはまさに、
奇跡の栽培法といわれています。

 

そしてなんといっても亜熱帯地域ではない岡山県だからこそ、

バナナの天敵となる、
害虫や病原菌が存在しない場所ということもあり、

 

農薬要らずでキレイなバナナが作れる、
というのも大きなメリットといえますね。

 

こんな夢のようなバナナ、
食べてみたいなー!!

 

スポンサーリンク


 

岡山もんげ―バナナ、値段は?

さてこの奇跡ともいえる、
岡山もんげ―バナナ。

そのお値段は?

なんと・・・

1本が648円だそうで、

贈答用だと1500円くらいするという。

まさに!高級バナナ。


(「マツコの知らない世界」番組動画より)

 

まだ生産数も少ない「レア」なバナナなので、
これは仕方ないですよね^^;

今は岡山でしか栽培されていない、
岡山もんげ―バナナですが、

この栽培法で全国から栽培農家が増えていけば、

いづれは生産量が増えて、
もっと身近に買える日がそのうち来ると思います。

 

岡山もんげ―バナナはどこで買えるの?

最後に。

「安ないと買いたくない」と謳っているこのサイトですが(笑)

それでも!
高くてもいいから・・・食べてみたい!と思わせる、

岡山もんげ―バナナ。

一体どこで買うことができるのでしょうか?

 

【農業法人 株式会社 D&Tファーム】のホームページによると、

天満屋岡山本店・地下1階にある、
「おかやま産直市場」にて販売されているとのこと。

おかやま産直市場

TEL:086-231-7111(代表)

〒700-0822
岡山市北区表町2丁目1番1号

 

うーん・・・
岡山に行かないと買えないのね^^;

では通販とかでは買えないのか?

調べてみましたが。

残念ながら・・・
岡山もんげ―バナナについては、

通販では今のところ買えないようです(涙)

 

ただし国内産のバナナで、
違う商品なら楽天でも買えるものがありましたよ♪

 


国産バナナ 3本 おかやまおひさまファーム 岡山県産 バナナ Mサイズ (120g〜140g)【産地直送】【国産】

 

コチラはもんげーバナナではないものの、
同じく岡山県産の国産バナナとなっています。

ただし数が少ないんでしょうか・・・

「予約販売」となっているので、
時期によってはすぐに手に入らないのかもしれないし、

さらにはTVの影響を受けて、
生産が追い付かない状況だと思われます。

 

ということで、
なかなか手に入りにくい国産バナナではありますが、

東京近郊にお住いの方なら、
ちょっと耳寄りな情報があるんです!

 

岡山もんげ―バナナを使ったスイーツが、
なんと期間限定で食べれるらしいのです!!

それは東京にある「資生堂パーラー」。

 

数量限定ということではありますが、
これは岡山もんげ―バナナを味わえるチャンスと言えますね!

ぜひお試しあれ〜^^

 

またコチラは「楽天」で購入できる、
もんげ―バナナを使ったスイーツ(プリン)です^^


◆送料無料◆<宗家 源 吉兆庵×D&Tファーム>もんげーバナナ(R)ぷりん 9個入

 

ということで、

今はまだ手に入りにくい、
岡山もんげ―バナナや国産のバナナ。

 

この先生産量が増えて、
岡山もんげ―バナナを始めとした国産バナナが、

手軽に買える日が来ることを願っています^^