胃袋は笑う。
安くないと買いたくない。美味しくないと食べたくない。簡単じゃないと作りたくない。
TVで話題の食べ物

アンテナスイカは冬が旬の激甘スイカ!値段やネット通販での購入方法、販売場所をチェック

スイカといえば・・・
何といっても夏の食べ物というイメージなので、

最近ではスーパーなどでも冬に売っているのを見かけますが、

かといって冬のスイカって美味しいのかな?
なんて考えてしまいますよね^^;

ところが!
2019年4月28日に放送される「坂上&指原のつぶれない店」になんと、

冬が旬!?皮まで甘い!!衝撃的「激甘スイカ」
(Yahoo!TVより)

というのが紹介されるとのこと。

 

・・・冬が旬なのに激甘???

これは気になるので早速調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

冬が旬の激甘スイカはアンテナスイカ

まず冬が旬のスイカってどんなスイカなんでしょうか?

今回放送される、
「坂上&指原のつぶれない店」で取り上げられるスイカについて調べたところ、

これはどうやら、

江本農園さんの「アンテナスイカ

というものなんだとか。

 

明日 4月28日(日)18:30からは、

TBSテレビ

『坂上&指原のつぶれない店』

https://www.tbs.co.jp/tsuburenai-mise/

江本農園のアンテナスイカ🍉が

登場!

(出典:http://blog.livedoor.jp/suikayaemoto/

今回取り上げられる江本農園さんのブログにこう書かれていたので、
間違いなさそうですね^^

 

さて江本農園さんは、
高知県香南市夜須町にある農園ということですが、

高知という場所柄、
1年通じて温暖な気候で育てているスイカなのかな?
と言う気がしますね。

実際に高知県といえば、
日照量が多く温暖な気候ということですから、

きっとスイカを栽培するのに適している場所なんでしょうね。

 

とはいえ・・・冬はそれなりに寒いのではないかと思うのですが、

「アンテナスイカ」は冬が旬だと番組で紹介されることから、
冬でも栽培されているっていうことですよね?

 

これは・・・気になります!!

 

スポンサーリンク


 

アンテナスイカって?

そもそもアンテナスイカってどんなスイカなのでしょうか?

江本農園さんのHPによると、

江本農園は、父より受け継いだ温室ハウスで『年に3回作付け、収穫をする』栽培スタイルを約40年続ける専業農家。
さらに、『1つの苗から1玉だけ』実らせる1点もののハウススイカは、収穫時期に応じて最適な品種(小玉から大玉まで現在6品種)のスイカを選び、そのすべてを『立体栽培』に仕立て上げます。
葉が重なり合うことなく、太陽の光を十分に浴びることで、甘くて旨みのある果肉の詰まったスイカへと美味しさを集中させるために スイカの玉も空中で『1玉ずつ吊るし』、出荷時には、『1つの樹に1玉だけ実らせた証し』として ”柄を付けた姿”でお届けします。

この柄の部分が、空高くピーンと伸びたアンテナの様であることから、江本農園のハウススイカのブランド名として、この度『アンテナスイカ』で商標取得しました。

秋、冬、真冬、春、そして夏の小玉…と、『アンテナスイカ®シリーズ』を 季節ごとに随時販売しますので、これからもどうぞ よろしくお願いします。
(出典:https://suikaya.buyshop.jp/about

スイカ玉を空中で吊るす???

これは一体どういう状態なのか、
江本農園さんのFacebookから引用させていただきました。

 

これは面白い!!

普通のスイカ畑でな見ない光景ですね^^

 

こうやって一つの苗に一つ玉だけを、
しかも空中で実らせるという栽培法で作られたスイカ。

確かにこれだと太陽の光も十分浴びることができるし、

そして栄養がひとつひとつにギュッと濃縮されるので、
皮の部分まで甘くて美味しいスイカが出来るんでしょうね。

 

そしてこれは2018年11月のFacebook投稿の写真ですが、


ホントだ!柄がアンテナみたい!!

納得です^^

 

さてこのアンテナスイカですが、
どうやら冬だけでなく夏はもちろん、
季節ごとに随時販売されているのだとか。

公式HPに引用されている箇所にも書いていますが、
温室のハウスに年3回季節ごとに種付けして収穫されているそうで、

このアンテナスイカのシーズンについては、
11月からスタート。

12月・1月・2月・4月が収穫時期。

まさに冬が旬なんです。


(YouTubeより)江本農園さんのアンテナスイカのことが分かる短い動画です^^

 

温暖な気候の高知県だからこそ真冬でのハウスの中なら夏と同じように、
スイカを栽培することができるのでしょうね。

 

そして冬は乾燥して喉がカラカラになる時期。
そんな時期だからこそ瑞々しいスイカが絶対に美味しいはず!!

冬でも美味しいスイカを栽培して販売している、
江本農園のアンテナスイカって最高ですね!!!

しかも番組の予告によると、
「皮まで甘い」ですよ!?

 

これは来年の冬には買って食べたいし、

今から暑くなる時期ももちろん食べたい!

しかし・・・私の住んでいるところで、
このスイカにお目にかかったことはないっ

 

一体どこで買えるのでしょうか。

 

アンテナスイカの販売場所は?

江本農園さんのアンテナスイカ。

これは一体どこに売っているのでしょうか。

江本農園さんの奥さんのブログによると、
唯一直売で置いているのが、

高知県香南市にある道の駅「やす」。

ここに併設されている直売所「やすらぎ市」というところに、
江本農園さんのアンテナスイカが置いてあるそうです。

(※ちなみにコチラは「金時スイカ」という大玉スイカだそうです)

 

直売所 やすらぎ市

  • 住所:高知県香南市夜須町千切357-90
    道の駅やす内
  • TEL:0887-55-2370
  • 営業時間:8:00〜18:00

道の駅内の直売所ということなので、
高知県をドライブしたついでに購入される方も多いのではないでしょうか。

 

・・・しかし!

私のように高知県まで行くことがない!!

そんな人は通販とかでしか購入できないわけですが、

ネットなどで購入することは可能なんでしょうか?

 

アンテナスイカ、ネットで買えるの?

アンテナスイカをネットで買えるのか?調べたところ、
うれしいことにどうやら、
公式HPからも購入できるようです!!

ただ2019年4月現在はアンテナスイカではなく、
「大玉金時スイカ」というのが取り扱っているようです。
(でもこれも立体栽培なので絶対に美味しいはず!!)

※2019年4月28日現在(5月初旬まで500個限定で栽培)
5月収穫分 立体栽培 大玉スイカ ”金時” 1玉箱入
値段:5200円
URL:https://suikaya.buyshop.jp/items/6120269

 

またネットショップでは、
楽天での取り扱いもあるみたいですよ。

楽天での購入はコチラ
「夏の小玉アンテナスイカ 高糖度(なんと14度前後!) 約1.8キロ 高知産 江本農園の高糖度すいか」(楽天「アグリファーム高知」より)

ただし楽天の販売については、
2019年4月末現在品切れだそうです^^;

そしてさらに今後はTVの影響もあって、
更に手に入りにくい状態が続くかもしれません。

なのでどうしても江本農園さんのスイカが食べたい方は、
HPやSNS等をチェックされることをおススメします。

 

江本農園

  • 公式HP:https://suikaya.buyshop.jp/
  • blog:http://blog.livedoor.jp/suikayaemoto/
  • Facebookページ:https://www.facebook.com/suikaya.emoto/?tn-str=k*F
  • 住所:高知県香南市夜須町手結山998-2

 

ちなみに江本農園さんのアンテナスイカではありませんが、

同じく高知県夜須町産の「ルナ・ピエナ」というスイカがあって、
アンテナスイカ同様、
ハウスでの立体栽培によるものということなので、

コチラも合わせてチェックしてみたらいかがでしょうか?

 


ルナ・ピエナ 高級すいか 高知県夜須町産 大玉約6キロ 糖度検査済 南国土佐の高級すいか

商品の説明によるとこのルナ・ピエナという品種。

楽天のスイカランキングでも1位を獲得している、
甘い高級スイカ!

ただハウスのスイカというのは、
夏に出回っているスイカとは食感の部分で違いがあるみたいですね?

こういったことからも、
コチラのハウススイカも一度食べてみたいなあって思います^^