エリア限定の食べ物

リョーユーパンのマンハッタンと似た商品はあるのか?検証してみた

九州ご当地パンメーカー、リョーユーパン
なかでもダントツの知名度と人気を誇る商品といえば、そう、マンハッタンです。

おいしいのはもちろん、あの他に類をみないザクザク食感がたまらない!

こればっかりは他のモノでは代えがきかないと長年思っていたのですが、

かなり似ているドーナツがあるという情報をキャッチ!

そのドーナツというのがコチラの・・・

ニューヨークドーナツです。

しかし、マンハッタンのあのザクザク食感はかなり独特なもの…
本当に似ているのでしょうか?

これはもう確かめてみるしかない!


似てるの?アナタたち本当に似ているの?(ドキドキ)

題して。

平成が終わる前にハッキリさせたい。
マンハッタンとニューヨークドーナツは本当に似ているのかどうかを。

では!いってみましょう〜

 

スポンサーリンク

せっかくなので色々確かめてみようと思います。

以前の記事で書きましたが、リョーユーパン製品、特にマンハッタンは、
九州を中心とする販売エリア以外ではかなり入手困難な商品です。

しかも通販で買えるのかというのも調べてみたものの残念ながら、
通販での販売は行っていない・・・

故に、販売エリア以外の地に住むマンハッタン中毒者は、
マンハッタンの代替品として似ているモノを探し求めることになります。

また、これとは別に、マンハッタン未体験の方々は、
『マンハッタンって食感が独特っていうけどどんな感じ?似てる製品知ってる?』というあくなき探求心から、これまた同じように似ているモノを探すことに…。

そんなときに導き出される答えのひとつに、コレがあります。

 

皿の上でスタンバイ済みのマンハッタンと、
ニューヨークドーナツの前に現れたお馴染みのロゴマーク。
みんな大好きミスドから検証スタート!

 

※ミスドから2品がエントリー!(右上:オールドファッション 左端:ハニーチュロ)

日本全国で美味しいドーナツを食べさせてくれる、みんな大好きミスタードーナツ!

多くの商品がありますが、そのなかでマンハッタンに似ている品として度々名前が挙がるのがオールドファッションです。

確かに表面のザックリした風合いが似ているかも…

良い機会なのでこちらも確かめてみようと思います。

 

そしてもうひとつ。
ミスタードーナツで独特な食感といえばコレではないかと思い付いたので、ハニーチュロも確かめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

まずはマンハッタン。さすがマンハッタン。

まずは本家マンハッタンを実食してみましょう。

美味しいうえにパッケージもバツグンに可愛い。それがリョーユーパンのキラ星、マンハッタン。

見た目からしてザックリ感に溢れていますが、食感は見た目以上にザクザクなんですよ!

ひとくち噛んだ瞬間にザクッ!

そしてチョココーティングの滑らかな感触と、ほろ苦さを帯びた控えめな甘み。

どこまでもザックザックザックと続く食感が楽しい。

絶対にカロリー爆弾なのに、あまり甘ったるさも油っこさも感じないのが恐ろしい…文句なく美味しいです!

それにしても作りたてならともかく、1日経ってもこのザクザク感が保たれているというのは素晴らしいなぁ。さすがマンハッタンとしか言いようがないです。

サクッ!>ザクザク

改めてマンハッタンの素晴らしさを確認したところで、次の一品を実食しようと思います。こちらも実力者のなかの実力者、オールドファッションです。

『サクッ!』

ザクザクではなくサクッです。

あくまでもサクサクでザクザクよりも軽い歯触り。そして、そのあと甘さ控えめの生地が心地よく口の中でほどけていく感じ。なんという軽やかさ…。

ミスタードーナツのラインナップのなかでは重めの生地の部類だと思いますし、口のなかでモソモソしそうなイメージがあるかもしれませんが、そんなことは全くナシ。

さすがミスドの鉄板メニュー、オールドファッション先輩!偉大さを感じます。

ただ、出来立ては上記のとおりですが、時間が経つとどうしてもサクサク感が減ってしまうところが惜しい!

カリッモチフワ>ザクザク

お次はハニーチュロです。すみません、筆者個人的にこれがミスドでいちばん好きでして、つい買ってしまいましたwいや、でも独特の食感という共通点があるので、案外マンハッタンに似ているかもしれないと思ったんです。

というわけで実食。

ひとくち目の食感はカリッそしてモチッ、フワッと続きます。独特の食感ではあるんだけど全然ちがってたw (重ね重ねすみません。)

これ何かに似てると思ったらシュー皮の食感だ。

シュークリームやエクレアのシュー皮寄りの食べものですね美味い!

口当たりは軽く、甘さはしっかりめ。今回の4つのなかでいちばん女子力が高い食べものかもしれません。

難点はハニーチュロもオールドファッション同様、時間が経つとカリッとした食感が減ってしまうということ。

その場合はトースターやオーブンで短時間焼けば食感が復活しますのでお試しあれ♪

さて、キミの実力を見せてもらおうじゃないか

オールドファッションとハニーチュロ、どちらもとても美味しいのですが、マンハッタンに似ているかというと、ちょっと別物かなという感じでした。

…ではここで、満を持して登場して頂きましょう。

細身のフォルムに圧し掛かるプレッシャーと共に登場

ニューヨークドーナツです。

『マンハッタンに似てるというよりほぼ同じってレベル』という声まで見かけました。マジか…

少し詳しくニューヨークドーナツを見てみましょう。

まず商品名。

名前に『ニューヨーク』を冠していますが、ニューヨークといえば誰もが知っているあの大都市。そしてマンハッタン地区はこのニューヨーク内に在るわけです。しょっぱなから共通点みっけ!意識的に似せているのかもしれませんね。

そしてパッケージ。

赤青白に自由の女神と、とてもアメリカン&ニューヨーク感。改めてパッケージと共にニューヨークドーナツを見てみると、まっすぐ縦長のフォルムが、自由の女神の持つたいまつに見えてきました…と、パッケージ上部に商品説明を発見。

クッキー生地を折り込んだ生地に、チョコレートの線掛けで仕上げた ステックタイプのドーナツです。

 

クッキー生地!ザックリ食感の素じゃないですか!そしてその上にチョコを掛けて仕上げたと…あれ?これマンハッタンじゃないかな?形こそリングタイプとスティックタイプで違っていますが、説明書きを見るかぎり味・食感のタイプはそっくりに感じます。これは期待が膨らむ!

この感じだと原材料なども似ているのでは?マンハッタンとニューヨークドーナツ、見比べてみましょう。

こちらがマンハッタン

こちらがニューヨークドーナツ

入ってる物も表示順(=多く使われている物)も、ほぼ一緒!というか、ニューヨークドーナツもリョーユーパン製品やないかーいwww 

なるほど、ここまで一緒だとかなり似てるかもしれませんね。

ただ、ひとつだけ違うところを発見しましたよ。

ニューヨークドーナツには大豆粉の表示がありますが、マンハッタンには表示無し。

これが食感・味にどう影響を与えるのか、または与えないのか、興味深いです。

 

つづいて栄養成分表も見てみましょう。

原材料はそっくりなのに意外や意外、こちらは結構な違いがありますね。

1個あたりのカロリーが、マンハッタン430キロカロリーに対して、
ニューヨークドーナツが551カロリーと、かなり数字に開きがあります。

そして成分についてもすべてニューヨークドーナツの方が量が多いです。

原材料がそっくりなのに、すべての成分量(グラム数)が多いということは、マンハッタンよりニューヨークドーナツの方が大きい可能性が高いですね。

表示には『1個あたり』としかないので両者の正確なグラム数は分からないのですが、これだけ数値に開きがあるということは多分そうなのだと思います。

価格は両者ともに100円前後なので、コスパはニューヨークドーナツの方が良いのかも…

ただですね、どんなにコスパが良いとしても、味と食感はどうなのか?

本当に似ているのか?いざ実食!

見た目の『生地ザックリ感となめらかチョコ感』は確かにかなり似てるよね

『ザクッ!』

おぉっザクっとしてるー!確かにマンハッタンのザックリ食感に似てます!

出来立てホヤホヤならともかく、マンハッタンと同じように、買った翌日でもこのザックリ食感が保たれているというのは嬉しい♪

マンハッタンの食感がザックザックザックだとしたら、ニューヨークドーナツはザクッ!モグモグモグという感じで少し穏やかな食感です。

これはもしかして大豆粉効果…?

大豆粉がシットリ感を醸し出している???

そして味なのですが、ふたごか!というくらいのそっくり加減ですw

なるほど、これは『ほぼ同じってレベル』と言われるワケだわ。納得です。

ニューヨークドーナツもまた特別な存在なのです

ニューヨークドーナツについて、マンハッタンと似ていること以外にも特筆すべき点を見つけました。なんと、リョーユーパンの本拠地である九州であっても、あるお店でしか買えないのです。

そのお店とは、ドラッグコスモス。

ニューヨークドーナツはドラッグコスモス限定商品なのです!

以前書いたとおり、ただでさえ販売エリアが限られているリョーユーパン。

なのに、更にお店まで限定されているとは、なんという狭き門…と思ってしまいそうになりますが、ちょっと待ってください。

逆に考えるんだ!

これは、九州から遠く離れた地域でも、ドラッグコスモスであればニューヨークドーナツに出会える可能性があるというということだぞ!


コスモスがご近所にある皆さま、おめでとうございます!

また『九州から遠く離れた地域』とは逆、おとなり沖縄なのですが、

有名な沖縄のご当地パンメーカーが複数ある影響もあってか、スーパーなどではリョーユーパンに出会えないらしいのです。

そうなると当然マンハッタンにも出会えないのでマンハッタン難民となってしまうのですが、沖縄にもコスモスはあるわけです。

難民の皆さま、コスモスへ走ってください!

マンハッタンとふたごのニューヨークドーナツには出会える可能性がありますよ!

番外編:ニューヨークドーナツに出会えない皆さまへ

九州から遠く離れているうえに、近くにドラッグコスモスも無い。

世の中にはそういう境遇に置かれているヒトも存在します。具体的には埼玉在住の筆者のことです(泣)マンハッタンにもニューヨークドーナツにも出会う術がありません。

ということをボヤいていたところ、知人がひとこと。

「ローズネットクッキー食べたら?」

ん?なにそれ初めて聞く名前だぞ。

詳しく聞いてみると、ローズネットクッキーとはヤマザキパンの製品で、チョコこそ掛かっていないけど食感は結構マンハッタン寄りで味はマンハッタンより甘いとのこと。


ヤマザキ ローズネットクッキー×3個

(Amazonで購入可能)確かにザックリ感のある見た目だ!

これはイイ情報を得た!こんど食べよっと♪

筆者とおなじくマンハッタン・ニューヨークドーナツ双方に出会うことが出来ない境遇に身を置かれているみなさま、これは試してみる価値ありかもしれませんよ!